慢性的肩こりの原因 | 岡崎市の整体院ミシェル

サイトマップ

肩こりの原因   岡崎市の整体院ミシェル

このページでは慢性的な肩こりに関する症状や原因、対策を紹介しています。

難しい専門用語は使わずに、出来る限り分かりやすい表現で説明しています。

以下のような症状がみられる方はこのページをご覧ください。

  • 一日中肩が重い
  • デスクワークなどで前かがみの姿勢時間が多い
  • たまに肩にズキッとした痛みが走る
  • バンザイした時に腕が耳につけることができない
  • 何もしていない時に肩甲骨のあたりがジンジンすることがある
  • 手や腕にしびれを感じる
  • ちょくちょく頭痛がある
  • 首から肩甲骨の当たりにかけて、筋肉のツッパリ感がある
  • 精神的ストレスがある
  • ときどきめまいがする

慢性的な首・肩こりの原因   岡崎市の整体院ミシェル

 肩こりがない人はいないくらい大勢の方が肩こりに悩まされています。デスクワークなどで、一日中固定された状態では筋肉が固くなり、血行が悪くなります。血行が悪くなるということは、痛みの疲労物質が溜まるわけですから、肩こりが発生します。

 注意しなくてはいけないのは、強く揉んだり、押さえたりすると、反動でますます固くなるという悪循環になります。出来るだけ首・肩自体に刺激を与えずに血行を良くしていくことが肩こり改善のカギです。血行さえ良くなれば、自然治癒力により、色んな症状も徐々に改善してくれます。

 もう一つの原因は筋力の低下です。インナーマッスルというのをご存知でしょうか?筋肉は何層にもなっています。表面的に触れることが出来る筋肉をアウターマッスルといいます、インナーマッスルは奥のほうに付着している筋肉で、触れることが出来ません。小さい筋肉でとても働き者です。ですから疲れやすい筋肉なんですね。

 ということは、普段から動かして鍛えておけば、長時間のデスクワークでも疲れにくくなります。基本的に30分以上同じ姿勢が続けば誰もが、疲れを感じます。

肩こりの症状   岡崎市の整体院ミシェル

 肩だけが痛いというのはまれなケースです。慢性的な症状の場合、たいていは首や腕にもだるさを感じます。腕や指にシビレを感じる場合は間違いなく首に原因があります。

 しかし、脳はいくつもの痛みを感じる事は出来ませんので、実際は、一番お疲れの部分に痛み・だるさを感じます。あちこち触ってみると、首・肩・腕・背中・指など、実に色んなところが痛いのが分かります。触れてみて、痛みを感じる、もしくは痛気持ちいいならまだましです。くすぐったさを感じる場合は、更に進行しています。

 いちばんよろしくないのは、明らかに固いのに何も感じないという状況です。痛みを感じないならラッキーと思うかもしれませんけど、固すぎて感覚がマヒしているわけですから、ほっておくととんでもないことになります。

肩こり対策法   岡崎市の整体院ミシェル

首のストレッチやエクササイズは危険ですので、まずは背中を柔らくしていきます。その後は肩のインナーマッスルを動かしていきましょう。動かすことで、肩まわりの血行が良くなれば首のまわりの血行も良くなりますから、痛みも軽減されます。

 首・肩こりの予防ページへ