慢性的肩こりの予防法 | 岡崎市の整体院ミシェル

サイトマップ

首・肩こりの予防法   岡崎市の整体院ミシェル

首・肩こりの予防法ページです。

普段の姿勢や動作など、体の使い方を少し変えるだけで、凝りにくくなります。

腕の外側回し   岡崎市の整体院ミシェル

 お茶碗を持った時の手の形(回外の動き)とパソコン動作をしている時の手の形(回内の動き)、どちらが日常生活で多いでしょうか?大抵の方は、腕を内側にねじるパソコン動作をしている時の手の形のほうが多いかと思います。

 パソコン動作の他には、文章を書く時、調理する時、マウスを動かす時、運転時荷物を持つ時などは、手の形が内側にねじれています。筋肉は動くほうに収縮します。一定の筋肉が縮んだ状態が長く続くと、疲れます。これは、腰・股関節の筋肉でも同じことがいえます。

回外の動きエクササイズ   岡崎市の整体院ミシェル

 腕は内側にねじる動き、回内の動きのほうが圧倒的に多いということが分かりました。ということは、回外の動きを自分でしてあげるとバランス良くなります。

 やり方は簡単で非常に簡単です。肘を90度に曲げて親指が上の状態にします。その状態から、手のひらを太陽に向けるように外側に動かし、戻すという動作を繰り返します。10回くらい動かすだけで、腕のだるさを感じます。それだけ普段使われていないということなんですね。

 首・肩こりのエクササイズのページへ