股関節の痛み原因 | 岡崎市の整体院ミシェル

サイトマップ

股関節の痛みの原因

 股関節が固いのが原因で痛みが出るパターンと、股関節の筋力の低下による痛みが出るパターンがあります。

 立ちっぱなしや座りっぱなしで痛みが出るのは、筋肉が固いのが原因です。
 歩き始めなどの動かしている時に痛みが出るのは、筋力低下が原因です。

 股関節の痛みを放っておくと、しびれを伴う坐骨神経痛になります。
また腰に痛みを伴うケースもあります。

 対処法としては、慢性的な腰痛対策と同じなので、ひどくなる前に早めに対処しましょう。

あなたの股関節の痛みに以下のような症状がありませんか?

  • お尻・太ももの裏側・ふくらはぎにしびれがある
  • 歩き始めが痛む
  • 立っているとだるい
  • 歩いている時に股関節がカクカク音が鳴る
  • 座っているとお尻が痛い
  • 足の疲れがナカナカとれない
  • 真っ直ぐ歩けてないような気がする
  • 片方に体重をかけて座ることが出来ない
  • 一日の終わりに脚が痛む

股関節の痛みの原因

 股関節は背骨の腰椎から出ている神経により動いています。表面を覆っているアウターマッスルとアウターマッスルの下にあるインナーマッスルがあります。アウターマッスルは歩いている時や立っている時にはよく使われますが、インナーマッスルは補助的な役割なため、日常生活では余りよく使われません。必然的にアウターマッスルは固くなり、インナーーマッスルは弱くなる(筋力低下)傾向になります。

 アウターマッスルの筋肉が全て固い人もいますし、ある1つの筋肉が固い人もいたりと、症状により様々です。まずは、これらの固い筋肉を柔らかくしていかなくてはなりませんね。

股関節の痛みの対処法

 股関節の筋肉の中には、骨盤を覆っている筋肉があります。骨盤を調整することで、股関節の改善が可能です。股関節をストレッチなどで柔らかくして、歪みにくくしていきましょう。ついでに慢性的腰痛の改善も期待できます。

 また、股関節のインナーマッスルのエクササイズをすると、いい状態がキープできます。特に坐骨神経痛対策にはとても有効です。

股関節の痛みの予防ページへ